トップ営業マンクロストーク

分譲事業部「SENSE」で、部署の立ち上げ、そして部を率いる部長として常に先頭を走る桑原さん。入社して間もないころから、常にトップセールスマンとして成果を上げ続ける西野さん。そんなお2人にインタビューしてみました。

TALK MEMBER


メンバー

  • 桑原 康仁

    YASUHITO KUWABARA

    分譲事業部

    2018中途入社

  • 西野 秀樹

    HIDEKI NISHINO

    分譲事業部

    2019年中途入社

入社の決め手は何ですか?

桑原

ALLAGIに入社したきっかけは、社長の人柄に惹かれた事です。面接時、谷上社長と雑談をさせて頂いた際、物凄く前向きでストイックな雰囲気を感じました。併せて『自分の仕事の目的は、従業員の成長』と聞き、この会社なら自己成長しながら、長く働いていける会社だと確信し入社を決めました。

西野

元々大手のハウスメーカーに勤めて、設計と営業を経験しました。その後お金の勉強をしたいと思いベンチャー企業に転職をし、一時期東京に勤めていたんです。「環境を変えよう」と大阪に戻ることを決め転職活動を開始しました。転職活動の際にALLAGIで一番惹かれたのが、一から創りだしていくような組織であるということ。谷上社長の「やってみないとわからない」という姿勢の話を聞いて、自分自身新たなチャレンジができると思いALLAGIに入社を決めました。

入社してから驚いたことは?

西野

とにかくめっちゃ早いんです笑。一つひとつの業務の密度が濃いというか。よく周りの同僚にも話をするんですが、ドラゴン〇ールで例えると、「精神と時の部屋」という、たった1日で1年分の修業ができるという部屋があるのですが、まさにそれ。少し極端に聞こえるかもしれないんですが、常に3倍ぐらいのスピードで成長できている感じがして。その分毎日くたくたになりますが、それでも半年前の自分を振り返ったときに、以前の自分とかなりの距離があるというか。それが働いてみての正直な感想です笑。また、僕が新卒で入った会社では、設計で必要になる基礎知識や、営業であれば電話掛けの時間や対応方法などは、研修を通して教えていただいてましたが、ALLAGIはそういった基礎力やノウハウは現場で先輩から教えてもらって、様々な研修を通して『人間力を鍛える』というところに力を入れている面があると感じます。キャリアビジョンというか、先を見据えた『人間力を鍛える』という会社の考え方は、今までの会社とは違って新鮮でした。

桑原

私が入社して1番に感じた事は『人間関係が非常に良く、まるで部活の部室内のような明るく活気があった事』です。もう一つは、決まり事が少ない事でした。それは決して悪い意味ではなく、変えられる良さもあれば、変えていく大変さをも経験することができる。以前勤めていた会社では、営業方法は自由でしたが、ルールやルーティンが決まっていましたので自分で考えて模索するようなことは無かったですね。あとこの会社に来るまでは、一匹狼スタイルだったので人を育てた事もないですし、考えたこともありませんでした。それもこの会社に入って180度考え方が変わったんです。考えが変わったのは、常に谷上社長より下に教えるのが上司の仕事と教えて頂いてるからだと思います。

これまで数多く出てきた「人を育てる」というキーワード。
どういう想いで人財育成に携わっていますか?

桑原

私が目指す人財育成は、『何処の会社に行っても通用する実力を付けてあげる事』です。今の時代は1つの会社で働く人ばかりでは無く、様々な企業で働きその経験を活かしていくという方も増えていると思います。だからこそ、今一緒に働くメンバーが、一流のプロとしてヘッドハンティングされる用な人財になってもらえるよう、日々厳しく指導しています。私自身今の会社で4社目になりますが、本当に厳しい上司の下で働く機会がありました。当時は物凄くしんどかったですが、あの時があったからこそ今の自分があり、本当に感謝しています。人生振り返った時に、感謝されるような指導が憧れです!

西野

僕も桑原さんがおっしゃってることと似ているんですが…。もちろん結果的に数字を目標にして頑張るんですけど、いざ振り返った時に自力がついているというか。どこに行っても通用するとか、何か自分がやりたいことができた時に、それに向かって突っ切れるような力を仕事を通して学んでいって欲しい。そんな想いで人財育成に携わっています。何か夢ができて目標にするにしても、その力がついていないと叶えることはできない。むしろ、出来ないところから、コツコツと成績を上げていくことや、色んな人たちと出会い、働く中でキャリアが形成されて、その中で夢や目標が見つかったりすると思うんですよね。だからこそ、今の目の前の仕事にきちんと向き合い取り組むことをきちんと部下の子たちに伝えていければなと思っています。

分譲事業部の立ち上げ、
部署としての確立。
その時のエピソードを聞かせてください!

桑原

分譲事業部を立ち上げるきっかけは、「分譲したいんやけど、分譲してみる?」という谷上社長の一言でした。「やります!」と即答しましたね笑。元々、分譲住宅を販売する営業は経験していたものの、土地の仕入れから企画、金額の確定、販売等、トータルで分譲住宅に携わるというのは本当に0からのスタートでした。これまでやったことがないことばかり。ただ、その時は不安よりも「おもしろそー!!!!」というワクワク感の方が強かったです。基本的に人が歩いた道よりも、全く未開拓の所を自分で創り上げていく方が自分には合ってるなと。

もちろん最初はつまずくことばかり。資料もない、やり方もわからない、本当に何もないところからそれを一つ一つ揃えていくのにかなり時間がかかりました。何もないからこそ、実践していくしかないというか。実行して、検証しての繰り返しでしかなかったですね。ただ、今振り返って谷上社長と話すのは、すごいスピードであの時検証が進んでいたからこそ今があるということ。あの時があったからこその、今の分譲事業部だと思います。

西野

僕は事業部が立ち上がって1年半ぐらいの頃に入社しました。入社して2カ月目ぐらいから、有難いことに安定して成績を上げることができていて。その背景には、定期的にフィードバックをもらえる機会があったからではないかな?と思っています。例えば1カ月に一度の面談とか、それに限らず部長やその他のメンバーにもアドバイスをいただいて、何か違う方向に行っていた時の軌道修正を常にもらうことができていました。次のステップとして、下の子をどう育てるのかというところは常に試行錯誤しています。人の成長は、本人の意思でしかない。人それぞれ伸びしろも成長の仕方も全く違う。それが難しいところでもあり、面白いところでもあるなと感じています。

これからの野望、
チャレンジしていきたいこと。

桑原

『分譲事業部だけで売上100億円』。これが今の目標です。ALLAGIで働く中で学んだことは、目標というのは計算では成り立たないことが多いという事。これまでは、「計算上合わない目標は立てない」というスタンスだったんですが、谷上社長から「一回やってみたら?」と言われて想像できない目標を掲げてみると、割と達成できるもんやなと。それならもっと上を目指そうと自ら目標を上げていけるようになりましたね。今なら目標を上げても全くしんどくありません。ALLAGIでの経験を経て、自分のメンタルも変化してきたんだと思います。

西野

私は今取り組んでいるブランディングを確立させることですかね。いい土地に、オシャレな内装を施して、そこに建築的な要素が入ったその3拍子が揃っている商品をつくっていきたい。土地よし、デザインよし、見た目もカッコよくて、性能もいい。これだけ揃っていれば、他のメーカーにも負けない、立派な1つのブランドだと言えると思うんです。今、モデルハウスのプロジェクトチームを立ち上げて進めているんですが、提案する側もテンションが上がるような、「ドヤッ!」と胸を張って言えるぐらいのお家を提案して、それでも時には上司から指摘をいただいて、そしてまた改善して…ということを繰り返しています。本当にコツコツとした積み重ねですが、少しずつ前に進んでいるように感じます。

就活中の皆さんへメッセージ

桑原

就職活動で大切な事は、自分の人生を掘り下げ自身の歴史書をつくる事。見知らぬ人に想いを伝える為にまず自身を知らないといけません。その為にはどういう時に自分は頑張れたのか、またそれを経験してどういう人生を歩んでみたいか。私も就活中、夢を教えてくださいと聞かれて困りました。それは大それた事を言って馬鹿にされないかなとか、子どもじみて馬鹿げてるなとか悲観的に考えていたからだと思います。今強く思う事は、『夢は想像し、強く願えば必ず叶う』という事。また逆もあり、『想像した夢しか実現できない事』。周りの意見など、全く気にしなくて良いと思います。なぜなら自分自身の人生で誰も責任は取れないし、自分でしか変えることは出来ないからです。今ある時間を思いっきり情熱を注げるものに力を注いで何か自分の扉を開くきっかけにしていければ良いと思います。

西野

就活って自分を掘り下げて見直すチャンスだと思います。僕も転職活動していた時、自分が何をしたいのかめちゃくちゃ考えました。そうすると強みや弱み、自分が本当にやりたいことが出てくると思います。「自分のやりたいことがこの会社でできるか」という目線でぜひ会社選びをしてほしいなと思います。あとは、就活をしていると同じ業種や全然違う業界も含めて、本当にたくさん会社がありますよね。その中でもどこへ行きたいか、そのビジョンを見つけるというのは大切なことだと思います。どこの方角に行けばいいか、どのタイミングで進めばいいかなどです。僕も今年で40歳になるんですけど、転職活動時はバイタリティとか、チャレンジしたいという想いが強くあって。そういう気持ちに成績っていうのはついてくると思うんですよね。この方角を決める、自分を掘り下げる、そして突き進む・・・これが大切だと思います!

OTHER TALK


他のトークを見る

MORE

ENTRY

エントリー

変化を楽しもう

自由な未来を切り拓く力をあなたに。チャンスはいつだって目の前にある。
さあ、私達と“ALLAGI”しよう!